トップ / 花巻市の特徴的な地形

北上盆地が特徴となる宮城県花巻市の地形

宮城県花巻市の中心部は、北上盆地の地形が特徴で、昼夜の温度差が激しい気候が観測されます。中心部を縦断しながら流れる北上川は、東北地方を代表する大河川の一つであり、この地域にとっては母なる川として親しまれています。宮城県花巻市の中心部では、北上川が蛇行を繰り返しているために、川沿いの景色は多彩になっています。この地域の中心部を見れば、北上川の右岸側には市役所などの重要施設が集中していますが、左岸側の堤内地には宮城県花巻市の恵みを象徴する田畑が広がっていることが判明します。北上川の右岸側であっても、市街地から大きく離れる場合には、広大な田畑が広がるのが特徴です。北上川の左岸側にある流れについても、宮城県花巻市を代表する水景色の一つであり、猿ヶ石川と呼ばれています。これらの小さな川が北上川に合流して、周辺の地形を複雑にしています。近代に改修された部分がありますが、大きく俯瞰して見れば、長い歴史の中で作られた景色となります。宮城県花巻市の市街地から離れた場所には、高山植物で有名な早池峰山があり、季節を通じて素晴らしい景色が広がります。山地から平野にかけての変化は、北上川沿いを観察すれば詳細に分かるため、地形探索をするのも楽しいことです。

花巻市の役立ち情報

↑PAGE TOP